お問い合わせは最寄の営業所へ

細胞研究用ピコリットル【pℓ】
インジェクションシステム
Picospritzer Ⅲ

 特 長  アプリケーション事例
イオン注入法に伴う神経細胞固有の脱感作を回避する間細胞内または、細胞外の研究に合わせてピコリットル【pℓ】から ナノリットル【nℓ】まで迅速かつ再現性のある注入が可能
システムは、高速応答バルブ、コントローラ、レギュレータ、
配管部品で構成
(ピペットとホルダーは付属されません)
1チャンネルタイプと、2チャンネルタイプの選択可能
ピペットホルダーは、直径1.0~2.0mmの間
で0.2mm間隔で対応可能
細胞研究
生物学研究

 仕 様

使用圧力範囲 10~100PSI(0.07~0.7[Mpa])
リリーフ式レギュレータ(低圧範囲設定可能)
最大入力圧力 150PSI(1.0[Mpa])
パルス持続時間 2~999[ms]
0.1~99.9[sec]
0.1~99.9[min]
パルスの始動 パネルの押ボタン
外部信号
押ボタン、フットペダルによる遠隔操作
電源 AC90V~250V, 50~60Hz(ユニバーサル電源対応)

 関連商品

       
    パルスバルブ駆動ドライバー      超低リーク、超高速応答バルブ
       IOTA-ONE            パルスバルブ Series9