お問い合わせは最寄の営業所へ

パルスバルブ駆動ドライバー
IOTA-ONE
 特 長  アプリケーション事例
高速応答弁の為のベンチトップまたは、ラック装着可能なドライバーIOTA-ONEを使用する事で、パルスバルブの高性能を十分に発揮できます
構成は、バルブドライバーとバルブ接続用ケーブル
パルスバルブの応答時間を4種類の単位
(μsec、millisec、sec、minute)
及び周波数にて設定可能最大で250Hzの周波数を発生させる事が可能(Duty比 50%)
レーザー分光実験

 仕 様


バルブのON設定時間 0005~9999 microsec
0001~9999 millisec
0001~9999 sec
0001~9999 minute
周波数 000.1~250(Hz)
電源 AC100V 50~60Hz
AC115V~120V 50~60Hz
AC220V 50~60Hz
AC230V~240V 50~60Hz

 関連商品
              
超低リーク、超高速応答バルブ             細胞研究用ピコリットル【pℓ】
  パルスバルブ Series9                 インジェクションシステム
                                  Picospritzer Ⅲ